FC2ブログ
2012-02-21(Tue)

沈下修整工事

<沈下修整工事>

地盤沈下がおこる原因として、地下水の過剰揚水、軟弱地盤での建築、地震等があります。
一度沈下が発生してしまうと元の高さまで戻ることはありません。地盤沈下修正工事は、
その名の通り沈下してしまった建物の傾きをなくし、水平に戻す工事です。
地盤が原因で建築物が傾いてしまった場合に、基礎下から建築物を持ち上げて水平に戻す工事です。
基礎下を掘削し、短く切断した鋼管杭を建築物の荷重を反力とし、油圧ジャッキで圧入してゆきます。
溶接継ぎを行いながら支持層まで到達させ、最終的に手動ジャッキで高さ調整を行いながらジャッキ
アップした後、杭頭部を固定して掘削した穴を埋め戻します。
今回は以前から家の傾きが気になりながらも、目をつぶって生活されてきたお客様が耐震工事のご依頼の際
ご相談いただきました。当該地は東側は低く西側は高い左右で高低差がある角地です。
工事前の地盤調査では、左右の高低差は10センチありました。
建物の水平が保てなくなると、吐き気や頭痛など体調不良の原因となることがあります。


1.koukannatunyuu
<鋼管圧入>

hpkeiyouetu.jpg
 <継溶接>

b.jpg
 <鉛直確認>

hp10sapo-tokarikotei.jpg
 <サポート仮固定>

c.jpg
 <ジャッキアップ調整・固定>

hpjyakkianayousetu.jpg
 <ジャッキ穴溶接>

hpjyakkiappukanryou2.jpg
 <ジャッキアップ完了>

d.jpg
 <作業穴埋め戻し>

e.jpg
 <セメントミルクプラント設置>

e1.jpg
 <セメントミルクプラント注入完了>
スポンサーサイト



プロフィール

かぐら 

Author:かぐら 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR